好奇心はとめどなく

中重 幸治 [なかしげ こうじ]さん (70)
のぞき見大歓迎
ぎーひろドローン部

「わっ!飛んだ!!」寒い1月末の日曜日。久井町の坂井原体育館に初めてドローンを体験する人たちの歓声が響きました。中重幸治さんは月に1度、ぎーひろドローン部にて皆さんにドローンの飛行体験を楽しんでもらっています。用意されているドローンは手のひらサイズの初心者向けのものから、航空撮影ができる本格的なものまでさまざまです。中重さんからドローンの使い方を習い、みなさん思い思いにドローンを飛ばしていきます。誰でも参加でき、飛び入り・のぞき見大歓迎のぎーひろドローン部は自由な空気で満ちています。

ただドローンを楽しんで欲しい

「飛ばしてみたいじゃないですか、ドローン!」もとエンジニアで機械いじりが好きだった中重さん。意外にドローンが安価で買えることを知り、買ってみるとすっかりその魅力にはまってしまったといいます。所属するギークハウス広島(※)で何かやりたいと思っていたところ、ドローン部の部長に抜擢されました。「みんなが来て楽しんでもらえたらそれでいい。ドローンをどこで買ったら良いかや遊び方が分からない人に教えてあげたい。」大人も子供も一緒に参加できる小さなレースを開くのが今後の目標だそうです。

人がやらない事をどんどんやりたい

これまでの中重さんの趣味は多岐に渡ります。渓流釣りやアマチュア無線、まだ家庭に普及する前のパソコン、焼き物や野菜作りなど。中でもアマチュア無線は住まいを移す時、電波環境のよい久井町を選ぶほどの熱の入れようだったようです。「仕事じゃないんだから失敗してもいいや。後がないじゃない。お金が続く限りはやりたい事、全部やりたいじゃない!」はにかむように笑う中重さんのお話からは次にやりたい事がとめどなくあふれ出ていました。

自分を動物に例えると?

「猫」結構人見知りで臆病なのに突っ走っちゃうから

三原でおすすめの景色は?

「恵下谷」
上りも下りも車を運転しながらふと見ると四季の
移り変わり、標高差を感じるときがあるから

ギークハウスとはパソコンやITの分野で卓越した知識のある人が集まるシェアハウスのこと。
ギークハウス広島は久井町の民家を利用。
いなか×ITを体験できる場としてさまざまな活動やイベントを行っている。
※ギークハウス広島とは(通称 ぎーひろ)ギークハウス広島
TEL:070-6509-3763(篠崎) Mail:geekhouse.hiroshima@gmail.comぎーひろドローン部 ドローン飛行会
開催日:毎月第4日曜日
場所:三原市久井町坂井原体育館(久井認定こども園隣)
時間:午後1時から2時間程度
参加費:無料

文:小林和佳子

肉はうまい!

歌の楽しさを届けたい。

PAGE TOP